LateralKids

企業内保育園の運営委託

女性が働きやすい社会を。 保育園が足りない。 入りたいのに入れない。 仕事に復帰できない。 都市部では深刻な待機児童問題が続いています。ワーク・ライフ・バランスの推奨をはじめ、女性の社会進出が後押しされ、働く女性は増え続けている一方、結婚、出産にあたり、働き続けることを断念する女性も少なくないこともまた事実です。そんな保育をとりまく厳しい環境の中、内閣府により「企業主導型保育事業」が創設されました。企業内保育とは、企業勤務者を対象に保育園を設置・運営することです。企業で働く従業員のために、人事・経営戦略として企業内保育所の設置を検討する企業も増えています。企業内保育所は、子どもを育てながら勤務をする女性を後押しするための存在として注目され、より一層の発展が求められる存在です。

新しい「企業主導型保育事業」
スタートしています。

従業員の多様な働き方に対応でき、
地域の会社が共同で作ることができる保育園です。

企業が抱えている課題

  • 育児にまつわる離職率の増加
  • 人材の不足と採用難易度の上昇
  • 働き方改革などの業務効率の改善
  • 事業所内に保育所を持つノウハウや予算がない

企業内保育導入のメリット

  • 離職率の低下と優秀な人材の確保
  • 福利厚生の充実と採用応募者の質・量の向上
  • 企業イメージ・評価のアップ
  • 従業員満足度(ES)の向上
  • 従業員の育児負担の軽減(費用・時間)

Lateral kidsがお手伝い出来ること

  • 保育デザイン設計(人数・物件選定・コンセプトなど)
  • 申請基準をクリアする物件基準確認と施工管理
  • 助成金等申請サポートなどの融資関連
  • 園児と保育人材の確保
  • 実際の開園前後の運営サポート

Lateral kidsの特徴とサービス内容

全国での運営実績をもとに、
仕事と育児の両立を総合的にサポートするため、
認可保育園と同水準のサービスを提供しています。

国の制度 ”企業主導型保育事業"に則り運営し、
保育理念「生きる力」を育むカリキュラムを行います。

共働き世代の子育てを支援する
「保護者支援」を第一に、
働くご両親が安心して子どもを育てられる環境を作るために取り組んでいます。

私たちの考える保護者支援とは、預け先が確保できるといった最低限の支援ではなく、子どもの健やかな成長と発達のため、保育士と保護者が円滑な関係を築きながら互いに協力すること。さらには保育士との連携の強化、子どもと保護者に対する共通理解、保育士の対応の均質化などを通じて、保育所全体の保育の質を向上させることを目指しています。

働くお母さんが就業時に苦労する、
子どもの急な病気への対応を支援する
「病児・病後時保育」

力を入れています。

保育園では、子どもが37.5℃以上の熱を出すと、預かってもらえません。さらに急な病気で職場を休む際に、職場の理解を得られないなど、多くの悩みを抱えながら、その対応に苦慮しているお母さんが多いのが今の現実です。 仕事と育児の両立において、病児・病後時保育事業の整備状況が、女性の就労と病気の子供の安全・安心を左右する要因となっており、そのために私たちは、より共働き世帯の育児環境をサポートするための、病児・病後時施設運営に取り組んでいます。

企業主導型保育における
提携サービス内容

  • 企業様との提携料は一切かかりません。
  • 設置、運営は、弊社Lateral kidsが行います。
  • 提携した企業様のお子様をお預かりする場合、保育料から五千円割引した特別価格で利用できます。
    <保育料は各市町村の認可保育所の利用負担金額と同額です>
  • 病児保育は、もりのなかま保育園を利用している園児は無料で利用できます。(通常利用料金は2000円)